タピオカガエルの卵がタピオカだった!?本当かデマか調査!

タピオカガエルの卵がタピオカだった!?本当かデマか調査!

世の中では、タピオカブームがハンパないですが

タピオカがカエルの卵説が浮上してきました。

たしかに、カエルの卵のようにも見た目感じますが

実際はどうなんでしょうか?

 

真実かデマか調査しましたので、ご覧ください。

それではどうぞ。

タピオカガエルとは

正式名称は、マルメタピオカガエル

 

形態は、

体長11-12cmのタピオカガエル属最大種。

色は、緑がかった灰色でオレンジ色の斑点があります。

 

生態は、

川沿いの沼などに生息していて、乾季になって水がなくなると繭をつくって休眠するそう。

手作りのベッドみたいな感じですかね?笑

外敵に襲われると体を膨らませて威嚇して噛み付くみたいです。

 

ペットとしても人気みたいで、日本に輸入されたりもしてるみたいですよ。

 

タピオカについて

タピオカの原材料はなんなのでしょうか?

調べてみると、

キャッサバという芋の一部が原材料みたいですね。

 

原産地は、南米の土地が多いで熱帯雨林の地域で栽培されることが多いみたいです。

キャッサバには、毒の成分が入っていてそのまま食べると危険です。

毒抜き加工されていないキャッサバの輸入は禁止されています。

キャッサバは日本でしっかり加工されて世に出回っているので、安心してくださいね。

 

色に関しては、本来タピオカは白色ですが、カラメル色素で着色しているので黒色になっています。

なので、

タピオカはタピオカガエルの卵ではありません。

よかったですね(笑)

 

タピオカガエルの卵のツイート

タピオカとタピオカガエルの卵の話題が盛り上がっているので、まとめてみました。

 

まとめ

タピオカとタピオカガエルの卵の真相やデマについて調べましたが

どうでしたか?

 

真実は、タピオカガエルの卵ではなく、キャッサバという芋の一種で安心しました(笑)

これからも安心してタピオカを飲みまくりましょう.

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

未分類カテゴリの最新記事